• HOME
  • 協会について
  • フレームドラムとは
  • ワークショップ
  • イベント
  • リサーチ
  • インタビュー
  • リソース
  • ドラムジャーニー
  • 養成コース
  • ウェルネスサポート
  • 派遣依頼
  • ショップ
  • 立岩潤三アラブリズム講習会レポート

    Junzo Tateiwa's Arabian Rhythm workshop
    at Yotsuya Kumin center
    Special guest Yuji Tsunemi (Oud)

    2007.8.17(金)、25(土)の二日間に渡り、海外での活躍がめざましいパーカッショニスト、 立岩潤三氏による「アラブリズム講習会」を開催しました。
    アラブ圏はリズムの宝庫で、そのリズムはフレームドラムでも多く演奏に使われます。
    今回はアラブリズムを中心に実際の楽曲分析を行うという、画期的な講習会となりました。

    第1回目はアラブ音楽の形式を学習し、そこで使われているリズムを解説。
    立岩氏によるダラブッカ、リク、ダフ(フレームドラム)による模範演奏に続いて、 参加者一同楽器を演奏してリズムのノリやメロディの出し方などを学びました。

    第2回目には、日本アラブ音楽界の第一人者、常味裕司氏をゲストに迎え、 アラブ音楽や旋法、ウードという楽器の解説に加え、立岩氏とのデュオによる演奏をしながら、 実際の楽曲を解説して頂くという、まさに夢のような講習会となりました。


    講習会を終えて

    第2回参加者の皆さんと記念撮影。
    アラブ音楽の神髄が垣間見られたワークショップでした。

    日本が誇る世界的アーティストのお二人に指導していただけて、本当に幸せです。
    立岩潤三さん、常味祐司さん、ありがとうございました!!!

    ▲ページトップに戻る

    ▲過去のイベントリポートに戻る