• HOME
  • 協会について
  • フレームドラムとは
  • ワークショップ
  • イベント
  • リサーチ
  • インタビュー
  • リソース
  • ドラムジャーニー
  • 養成コース
  • ウェルネスサポート
  • 派遣依頼
  • ショップ
  • 第2の声に耳を澄ませ! レポート

    Overtone singing workshop
    2008.2.21(Thu.)
    Yotsuya Kumin Center (Shinjuku, Tokyo)

    2008.2.21(木)、ボイス・パフォーマーとして縦横無尽の大活躍を続ける、 徳久ウィリアム幸太郎氏による倍音唱法WS「第2の声に耳を澄ませ!」を開催しました。
    倍音唱法はもともとホーメイやホーミーとしてアルタイ山脈近辺、 モンゴルに存在していた特殊な歌唱法ですが、 当協会の指導の根本となるグレン・ベレズ氏がパフォーマンスに取り入れて以来、 彼に続く数々のフレームドラマー達も夢中になり、 現在ではフレームドラム界のグローバル・スタンダードと言っても過言ではないと思います。
    そんな倍音唱法のやり方を、専門家をお呼びして講義して頂くことが出来ました。

    折しも満月に部分月食が重なる特異な日。
    参加者の皆さんは、潜在意識に眠る可能性・・・2つの声を操ることも出来る・・・を、 十分に体感されたのではないかと思います。

    Japan Frame Drum Association organized 'Overtone singing Workshop t' on 21Feb. 2008 inviting Kotaro William Tokuhisa (Voice performer) as a instructor.

    スペシャル・ワークショップを終えて

    参加者の皆さんと記念撮影。

    大満足の講習会でした!
    これを機会に倍音唱法にもトライする方が増えていくと、 日本の音楽シーンも、もっともっと楽しくなりますね!

    一人で操る2つの声!
    人間にはまだまだ沢山の可能性がある!
    素敵な贈り物を頂いたワークショップでした。  

    ▲ページトップに戻る

    ▲過去のイベントリポートに戻る